• 映像制作の仕事とその求人の種類とは

    クリエーター志望の人にとって、映像制作に関わる仕事に憧れて目指している人は少なくありません。

    映像制作はテレビドラマややアニメをはじめ、様々なコマーシャルやゲーム、近年増えてきたwebコンテンツなどの映像全般に関わる仕事を示します。

    私たちがテレビで見るコマーシャルはわずか数十秒のものがほとんどですが、その映像を造るためには非常に多くの映像制作スタッフが関わっています。



    一見華やかに見える業界ではありますが、豊富な経験や知識、技術力は当然のこと、高いセンスや能力が求められる業界のために長い下積みを経験して成長していかなければなりません。
    映像制作の求人の種類は色々ありますが、主に制作タイプと技術タイプの二つの求人の種類に分けることができます。
    制作系のトップはその企画の立案や出演者やスポンサーの手配や調整、予算管理を行うプロデューサーになります。

    待望の朝日新聞デジタルの情報を利用しない手はないです。

    その下には補佐をするアシスタントプロデューサーがいます。

    プロデューサーの意向に沿って番組制作を行うディレクターになるためには、政策のために必要な幅広い雑用をこなすアシスタントディレクターを経験する必要があります。番組の構成や台本を作成する構成作家、制作にあたる多くの関係者への連絡調整を行う制作デスクも欠かせない役割です。

    技術系の求人にもさまざまな種類がありますが、こちらも下積みから始まります。映像を残す要の役はカメラマンがいます。


    映像と同時に大切な撮影時の録音を担当する音声ミキサー、編集された映像にナレーションや効果音を淹れて仕上げの仕事をするMAミキサーや音響・照明オペレーターなど、それぞれの技術に長けた専門家が集まって一つの映像が完成するのです。



    映像制作の求人を探す時には、まずは自分の興味が一番ある仕事の下積みから経験する事になります。
    下積みで実際に現場を経験していくと自分が本当にやりたい役割や適性も見えてくるものがあるのです。